スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効果を知らないとヤバイ(?)ってレベルのディスガイアのカード10選

この記事は、現在環境の一角になっているディスガイアの主要カード10枚を紹介する記事です。
初心者だけでBCFに参加する方へのカードの説明、上級者の方の再確認の機会になれば幸いです。



という真面目な記事ではなく、はてブで話題になっていた、

「読んでないとヤバイ(?)ってレベルの名作SF小説10選」

http://d.hatena.ne.jp/Rootport/20130511/1368241656


という記事のヴァイス版のパロディです。
WSプレイヤーさんの適当な読み物になるのが目的です。

上記、記事について詳しく知りたい方はご自分で調べて下さいm(__)m


超魔王ラハール.jpg



1枚目は、『超魔王ラハール』です。

赤のレベル3キャラ。
デッキ2枚制限になるほどのパワーカードです。

裏目に出ることが皆無のCIP回復、
自身を思い出へ送り控え室の《悪魔》か《天使》を二枚回収、
という2つの効果を持ちます。

まず、ディスガイアのカードプールの大半が《悪魔》と《天使》のどちらかを所持しているため、実質の回収対象は控え室のキャラ全てになります。
枚数が2枚であるため純粋に手札の枚数が増えます。
回復効果が付いて思い出へ置かれる「かけがえのない仲間」と言ったところ。

当然、キャラであるためPW10000ソウル2でアタックすることが可能。
後述する「元・天使フロン」を使うことで手札アンコールを付与することもできます。

投入枚数が2枚に制限されたため、以前のように自身の効果で同名カードを2枚回収という超魔王ループという動きこそできなくなりましたが、システムキャラの多いディスガイアでその場その場に適したカードを回収できるのは非常に優れています。

ちなみに、特徴の異なる互換カードも存在せず、デッキからサーチする効果は「メイド服の美魚」が持つものの、リトルバスターズのカードプールにサーチ対象の《メイド》は自身を含めて3種しかおらず、他2枚はバニラで3枚とも色が異なるという使いにくさ。

ディスガイアを代表する強力な1枚です。




“ビューティー男爵”中ボス



2枚目は、『“ビューティー男爵”中ボス』です。

2/1PW7500。
ディスガイアが初登場の擬似リフレッシュ効果持ちキャラの1種。

擬似リフレッシュとは、山札が5枚以下の時に登場すると、控え室と山札を混ぜることが出来、その後カードごとの効果が発生する効果のことである。
タイミングは限られるものの、リフレッシュポイントの処理による1クロック分のアドを取ることができます。
2コストor手札1枚1コストのアドバンテージを取れるイメージです。

擬似リフレッシュそのものが強い中、中ボス独自の効果は相手への1点ダメージ。
自分は1クロック回避し、相手へ1点ダメージを与えるので単純に2クロック差が付きます。キャンセルは発生しますが、1点をキャンセルさせることで通常のアタックによるダメージが通りやすくなるメリットがあります。むしろ、キャンセルしたほうが強いとも言えます。

1~2枚の投入でも、上記「超魔王ラハール」から、中ボスと集中持ちを回収することで山札を削り擬似リフへつなげることが出来、非常に相性の良いセットになります。

擬似リフレッシュ持ちは他にもいますが、このカードほどクロックアドに貢献するカードは、擬似リフ後にチェンジにつなげられる「無意識の力 ルイズ」くらいになります。
ただ、ルイズは3種選抜に掛かっています。

初心者が見ても、直ぐに強いとわかるパワーカードです。




ラハール&マオ



3枚目は、『ラハール&マオ』です。

1/0PW5000。
登場時に相手の控え室のCX1枚を山札に戻しても良い。
そうした場合、そのターンこのカードが相手キャラをリバースさせたら控え室からのキャラ回収できる効果を持つ。

初心者などがパッと見ると強さが分かりにくい1枚です。
CXを戻すことで圧縮率を上げることになりますが、1周目の山札ではそこまで気にならないのと、そもそも確実なメリット・デメリットにならず、自分は手札を1枚増やすことができる点が評価できます。
パワー5000が気になりますが、単純にLv0のキャラ、「第62代魔界大統領 アクターレ」の効果によるパンプがあるので、気になることは少ないです。

CXシナジーによる回収・サーチと違い、引けば単体で機能する回収効果という点が強いです。
また、レベル1以降の動きの選択が多くあるディスガイアでは、このカードの回収でその選択に手札を整えることができます。

ちなみに、ラハマオメタで初手の不要なCXを切らない動きをする人がいるようですが、僕は弱いと思います。
キャンセルすれば意味ないですし、初手から手札を重たくするのは明らかに動きが悪くなると思います。

このカードも、互換カードが存在しない1枚。




元・天使フロン



4枚目は、『元・天使フロン』です。

1/0の後列キャラ。
特徴《悪魔》への手札アンコール付与。
自身が控え室に置かれた時に、控え室のCXが4以上なら1コストでキャラ回収。

1つ目の効果は単純に《悪魔》全体へのアンコール付与。
1/1キャラ、早出ししたレベル3と場の質を高いまま維持することができます。
このカードがあるので、後述のデスコを2面早出ししても盤面に維持いしやすくなっています。

2つ目の効果は、自信が控え室に置かれた時に条件付きの1コスト回収効果。
本来は後列向けのキャラですが、他の後列が揃ったり、2枚目以降を引いた場合は前列に出してアタックしつつ手札を整えることができます。
メイン中に上書きからの効果発動もできます。

アンコール付与は全体が対象なので、前列に出しつつアンコール付与も可能と、どのタイミングで引いても機能する非常に優秀なカードです。

このカードも、互換カードは存在しません。




ラスボス修行 デスコ



5枚目は、『ラスボス修行 デスコ』です。


2/1PW7000CXシナジーとチェンジ持ち。

CXシナジーは本対応で置かれた時に1コストで発動。
相手のコスト0のキャラを山札の下へ送るもの。
ほとんどのデッキにコスト0の後列は採用するので、除去対象に困ることはありません。
ボトムなので確定ダメージに利用する機会は少ないですが、再利用を防ぐことができます。

チェンジは、アンコールステップに2コストでチェンジ。
チェンジ方法としては、そこまで強くはありませんが、このカードや後述の「飛天無双斬」により相手の後列を除去した上で登場するチェンジ先は非常に割られにくいラインを作ることができます。

タイミング的に、レベル2になったターンにチェンジを行うと擬似リフレッシュを行うのが難しくなりますが、そこは状況に応じて選択することになります。
最近ですと、チェンジする選択が多いように感じます。

他のカードほど、単体での性能は高くありませんが、他のカードとの相性・環境に合っているため強力な1枚となっています。




“最終兵器DESCO”



6枚目は、『“最終兵器DESCO”』です。

上記チェンジ先の3/2PW9500。
CIP回復と自身パンプ持ち。
デメリットとして、登場時にキャラを1枚レストする必要があります。

自身パンプ効果は、正面のキャラのレベル*500。レベル3が前に立てばPW11000まで上昇します。
自ターン・相手ターン共に発動するので、踏みやすく・踏まれにくい優秀なパンプ効果です。

デメリットとしてキャラを1枚レストする必要がありますが、後列や効果を使う前の「超魔王ラハール」を対象に取ればリスクを減らすことができます。
チェンジ元のCXシナジー等で盤面を荒らした後に登場することで、一気に盤面を取ることができます。
後列には手札アンコール付与や、相手ターン中+1000が置かれるので、見た目以上に硬いラインを作れます。

チェンジ方法が、アンコールステップに2コストとリフレッシュを挟むと機能しにくく、強い部類とは言えませんが、それを補うだけの他のカードとの相性の良さがあります。




“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ



7枚目は、『“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ』です。

0/0条件付きPW3500キャラ。
条件は、他のキャラが1枚以下の時。パワーが3500になり、相打ち無効効果を持ちます。

よくあるレベルパンプではなく、相打ちという効果を無効にします。そのため、ストック飛ばしによる擬似相打ちなどの効果は受けてしまいますが、そこまで数は多くありません。

人狼族の執事 フェンリッヒ」と組み合わせることで、0/0PW5000相打ち無効という盤面を作れます。
先行1ターン目に作ると、ほぼ倒されずに戻ってきます。

最近は、相打ちとセットで運用されることが多くなりますが、Lv0帯を支えている1枚です。




箱入りお嬢様ロザリンド



8枚目は、『箱入りお嬢様ロザリンド』です。

0/0の応援持ち。
もう一つの効果は、メインフェイズを終了してエンドフェイズまで進むことで1ドローするもの。
バトルを行えないので、ストックを貯めたり、相手へダメージを与えることはできませんが、手札が1枚増えます。

先行1ターン目に行うことで、無駄なくドローゴーすることが出来、純粋にアドバンテージを取れます。
最近は、このカードとの兼ね合いで、相打ちが4投されています。

先行で効果を使えると、一気に勝ちに近づけるカードです。




ラスボスを目指す乙女 デスコ



9枚目は、『ラスボス修行 デスコ』です。

0/0集中持ち。
1コスト自身レストで4枚捲りCX1枚に付き1ドロー。
他の《クローン》・《死》を+500パンプ。

集中は単純に手札が増えますが、重要なのはドロー効果という点。
通常、山札10枚から擬似リフレッシュにつなげるには集中を2回使用する必要がありますが、このカードでCXがヒットすれば1回で擬似リフへつながります。
単純に手札が増える効果も、全体へのアンコール付与があるので盤面の維持に貢献します。

《クローン》・《死》パンプは、序盤は役に立ちませんがレベル2以降はデスコを+500パンプできるのでラインの底上げになります。
後列に置いても、普通の集中よりは邪魔にならない点が優れています。




飛天無双斬



最後の10枚目は、『飛天無双斬』です。

ディスガイアで1番有名かもしれない1枚。
1/0のイベントカード。
使用時に、レベルアップするまで山札の上からクロックへカードを置く重いコストを支払いますが、相手のキャラ全てに-3000補正を与えることが可能。

レベル0の後列はもちろん、レベル1の後列の多くも除去することが可能です。
もちろん、前列のキャラのパワーも下がるので、後列を除去した上で盤面を取ることができます。
このカードからのデスコ2面チェンジは勝ちパターンの一つだと思います。

このカードを警戒して、後列をプレイしないと、単純にレベル1のキャラで踏みやすく・踏まれやすくなるので、アドバンテージを取れます。

使用タイミングは非常に限られますが、打てれば勝ちと言えるレベルの効果を持つカードです。
知らずに使われるとトラウマになるカードでしょう。




サクっと読める記事にする予定でしたが、長い記事になってしまいました、
最後まで、読んで頂いた方、ありがとうございます。

もう少し、ふざけた記事にするつもりでしたが、普通に解説していますね。
10枚くらい余裕だと思っていましたが、割りと紹介するまでか悩むカードも何枚か入ってます。

まぁ、誰かが楽しんだり、役に立てれば幸いです。


終わり。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

大変参考になりました

コメント返信

つねさん

コメントありがとうございます。
もっとネタよりにするつもりでしたが、役に立てたようで良かったです。
プロフィール

能美あや

Author:能美あや
ヴァイスシュヴァルツのブログ。
ネオスタンダードプレイヤー。

最近回しているデッキ
・ダ・カーポ(姫乃)
・ペルソナ(主人公)
・ゼロ魔(貴族選抜)
・リトバス(おめかし小毬)


大会は、新宿、池袋に出場しています。
大会でのHNも『能美あや』です。

【Twitter本垢】
【TwitterWS用垢】
【全デッキレシピリスト】


WS関連のブログ・サイト様のリンクはフリーです。ご自由にどうぞ。文章の転載・引用は、そのページに当サイトのURLを貼るようにお願いします。不要なトラブルが起こることを回避するためです。
掲示板などの自身が運営しているサイト以外へのリンク・転載はご遠慮下さい。

WS関連のブログ・サイト様の相互リンク募集中です。コメント等で連絡を下さい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2014年 09月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【5件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【5件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【19件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【21件】
2013年 04月 【22件】
2013年 03月 【25件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【23件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【26件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【11件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【28件】
2012年 06月 【38件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【41件】
2012年 03月 【35件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【18件】
2011年 12月 【18件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【21件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【48件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【19件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【12件】
2010年 08月 【6件】

リンク
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。