スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAIRYTAIL エクストラ考察

皆さんこんにちは。
今日のカードの更新ばかりが続きましたが、FTEXの考察記事です。

まだ、1度も回せていないので全て机上論になりますが、良かったら見てください。
一応、現状トップデッキだと思っている赤青グレイを前提の考察になります。


※下線の付いているカード名はwikiへのリンクが貼られています。



黄色


s_幼き日のエルザ.jpg



黄色のLv1より、『幼き日のエルザ』です。

思い出の《魔法》持ちキャラが2枚以上でPW6500になります。
条件を満たすことができれば、1/0PW6500と優秀なスペックになります。

また、『幼き日のジェラール』がクロック絆とリバース時の思い出送りを持ちます。
これにより、エルザを回収しつつ思い出を増やすことができます。

ただ、黄色を採用すると『グレイの師匠 ウル』を採用し辛くなります。
思い出要員は、リバース・控え室時に1コストで飛ぶキャラになるため2コスト消費することになります。
“合体魔法”ルーシィ』等が追加されたので思い出要員を確保するのは楽になりましたが、Lv1で満たすとコスト面でキツくなる印象を受けます。
適度にキャンセルすれば問題ないと思いますが。

FTの記憶は基本2枚なので、ここで満たすことが出来れば後半は楽にはなりますが。




s_ラクサス・ドレアー.jpg



黄色のLv1より、『ラクサス・ドレアー』です。

1ターンに1度、起動効果を使った時に+1500パンプされます。
効果を発動できれば、上述のエルザと同じように1/0PW6500キャラとして扱えます。
相手ターン中も、助太刀を使えば効果を発動できるので使い勝手は良いと思います。

FTには比較的起動が多く、エクストラでは新たに『ネコマンダーのハッピー』が追加されたので《竜》デッキでの活躍が期待できます。




s_“香り魔法”一夜.jpg



黄色のLv0より、『“香り魔法”一夜』です。

舞台に他のキャラが居ない時に+2000パンプされPW4000になります。
単純に初ターンにプレイする他、相打ちと組み合わせて相手ターン中だけ効果を満たすことができます。

2つ目の思い出送りも、上述の『幼き日のエルザ』のように早い段階で記憶を満たす必要がある構築の場合は役立つでしょう。




s_“石化眼”エバーグリーン.jpg



黄色のLv0より、『“石化眼”エバーグリーン』です。
エクストラ全体が公開されても優秀なカードだと思います。

効果は、ダイレクト時にLv0のキャラ1枚を指定して次のターンのスタンドさせない物
アタック回数を減らすこと、自分のキャラを守ることができます。
FTのLv0は特に弱かったので役立つでしょう。
また、ロックしたキャラを一旦後列に移動させて次のターンに前列に出す場合には、Lv1帯になっていると思うので簡単に倒すことが出来、返しのダイレクトを防ぐことや『S級クエスト』の補助もできるでしょう。

ただ、パワーが使用者の多い『お姉さまへの憧れ 黒子』と同等、『方向音痴あずさ』には負けているので、正面に移動されて効果を防がれるでしょう。
特に、アイマスは使用者が多いので防がれることも多いと思います。

移動持ちを警戒するなら、+2000+1CX、『レビィ・マクガーデン』と言ったLv0でのパンプキャラを採用すると良いと思います。
この辺りは、細かい調整になるでしょう。







s_“合体魔法”ルーシィ.jpg



緑のLv0より、『“合体魔法”ルーシィ』です。

リバース時に思い出に行きつつ、デッキの《魔法》持ちのキャラをサーチしてハンド入れ替えができます。
春上 衿衣』や『生徒会長 かなで』の《魔法》版、『オルソラ=アクィナス』の色違い・サイド違い版となります。

FTの回収・サーチ手段は、集中の『妖精の尻尾のマスター・マカロフ』が居るものの確実な物では無かったので十分採用の余地はあります。
また、ハンドを整えつつ思い出を増やすことができる点は記憶が多いFTと相性が良いと言えます。




s_あたしの決意 ルーシィ.jpg



緑のLv0より、『あたしの決意 ルーシィ』です。

1/0PW5000、リバース時にデッキトップが《鍵》のなら思い出へ送ることができます。
《鍵》版の『花飾り 初春』となります。
《鍵》デッキの場合は、恐らくCXと一部イベント以外は全て《鍵》で統一することになるので、かなりの確率で思い出に送ることができるでしょう。

ただ、Lv1キャラなので少し遅い気がします。




s_大切な友達と共に ルーシィ.jpg



緑のLv0より、『大切な友達と共に ルーシィ』です。

効果は、特徴《鍵》を持つキャラを+500する物。
この手の効果を持つキャラはどれも役に立つものの、最近では+α効果が欲しい所。
それでも、《鍵》デッキの場合は『ルーシィ・ハートフィリア』と合わせてLv0から優秀な後列を揃えることができます。







s_ドラゴンフォース ナツ.jpg



赤のLv1より、『ドラゴンフォース ナツ』です。
対応CXは扉アイコンの『ナツ vs. ゼロ』です。
昨日回った限りでは、今回のトップレアだと思います。

1つ目の効果は、相打ち
2つ目の効果は、CXシナジーにより+1000パンプと倒したキャラのデッキ飛ばし
双方の効果が強力にシナジーしているだけでなく、CXが無くても運用可能で、対応CXは採用しやすい扉と言うとても優秀な1枚です。

従来のFTでは、Lv1で自ターンのパワー不足を感じることが多々有りました。
が、相打ちを採用することでパワーを無視して相手の前列を崩すことができます。
確実に相手キャラを倒すことができるため『S級クエスト』が使いやすくなりました。
CXとシナジー含めてPW5000まで上がるので、後列が揃えば1/0キャラを一方的に倒せる可能性もあります。

CXシナジーによるデッキ飛ばしは、アンコールを封じつつ確定ダメージを作れます
Lv1帯はアンコールに依存はしなくても、採用するデッキはとても多く幅広いデッキに刺さるでしょう。
アンコール封じとして見ると、特にAngel Beats!に刺さりそうです。
アンコールを使わなくても、Lv1帯を強力なキャラに依存するデッキにも刺さるでしょう。
アイマス、メルブラ、ジュネス、とある、ハルヒ宇宙人辺りです。

また、従来の相打ちキャラが抱えていた「打点不足」と言う問題に関しても、
全体ソウルパンプとCXシナジーで確定ダメージを作ることで通せるダメージの期待値が増すことで、改善できていると言えます。

ネオスタンだけでなく、黒リーグで見てもかなり優秀な1枚だと言えます。




s_オレたちの帰る場所 ナツ.jpg



赤のLv2より、『オレたちの帰る場所 ナツ』です。

効果は他の《魔法》のキャラ1枚に付き+500パンプするもの。
舞台を全て魔法で埋めれば2/1PW9500となります。
昔からある効果ですね。

FTの場合は、特に意識しなくても《魔法》持ちで埋めることができるので楽にバニラ以上のスペックを出せるでしょう。
《竜》デッキのアタッカーとしてはもちろん、グレイデッキのサブアタッカーとしても活躍が期待できます。




s_仲間の力 ナツ.jpg



赤のLv3より、『仲間の力 ナツ』です。

1つ目の効果は、登場時《魔法》のキャラが3枚以上の場合ストックチャージする効果。
2つ目の効果は、フロントアタックされた時にデッキトップをチェックする効果。

1つ目の効果により3コストの状態からLv3キャラを2枚展開できます。
エクストラ環境では回してはいませんが、従来の型ではストック不足になることが多かったので役立つでしょう。

2つ目のデッキトップ効果は単体として優秀なだけでなく、
追加効果でソウル-1を使える『治癒魔導士 ポーリュシカ』と相性が良いです。
ソウル1とソウル2のキャラが居る時に、ソウル1からアタックしてきてデッキトップがCXならポーリュシカでソウル-1し次のソウル2をキャンセルすることができます。
まぁ、ある程度理解しているプレイヤーなら考えてアタックしてきますが、思考に負担を掛けられるだけでも十分です。

また、《竜》持ちなので『天空の滅竜魔導士 ウェンディ』のパンプ対象になる点も評価できます。







s_ウェンディの世話係 シャルル.jpg



青のLv1より、『ウェンディの世話係 シャルル』です。

キャラを2枚レストすることで《魔法》のキャラ1枚を+2000パンプできます。
自身を後列に置かなくていいので、前列兼予備の後列キャラとして採用できます。

《魔法》こそ付いているものの他の主要な得料を持たないので採用は厳しそうです。
ただ、能動的に起動能力を使える点は評価できます。




s_氷の城壁 グレイ.jpg



青のLv0より、『氷の城壁 グレイ』です。
エクストラ唯一のグレイです(´・ω・`)

相手のアタックフェイズの初めに、正面にキャラのいる枠に移動することができます。
他の移動キャラと違い確実に生き残ることはできません。
ですが、PW3500と相打ちキャラを展開された場合に相打ちキャラの前に移動して一方的に倒されるのを防ぐことができます。
他にも、先上がりして展開した『ラハール&マオ』や『紅蓮の双翼 シャナ』から逃げることもできます。

移動持ちキャラには劣るものの、十分採用できるレベルのカードだと思いました。




s_天空の滅竜魔導士 ウェンディ.jpg



青のLv3より、『天空の滅竜魔導士 ウェンディ』です。
例の盛大に勘違いしたカードです(ぉぃ

CIP1点回復と起動効果で《竜》パンプを持ちます。
パンプテキストの方は、特徴制限と1コスト+手札1枚と重めなため相手ターン終了まで+2500と言う強力なパンプ値となっています。
自身を対象に取ることもできますが、本命は長く舞台に留めておきたい『仲間の力 ナツ』でしょう。

コストに余裕がなくても、CIP1点回復が付いているので腐らない優秀なカードです。




カードリストを見た感じ、ディスガイアと同じように派手には強化されなかったものの、細かい点をしっかり強化されたように思えます。
デッキとしては、竜、鍵、氷辺りが強そうです。
まぁ、氷デッキも《氷》で固める必要性は下がりましたが。

調整したらデッキレシピを載せたいと思います。


感想、意見、誤字・勘違い等ありましたらコメントかTwitterの返信でお願いします。



終わり。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

能美あや

Author:能美あや
ヴァイスシュヴァルツのブログ。
ネオスタンダードプレイヤー。

最近回しているデッキ
・ダ・カーポ(姫乃)
・ペルソナ(主人公)
・ゼロ魔(貴族選抜)
・リトバス(おめかし小毬)


大会は、新宿、池袋に出場しています。
大会でのHNも『能美あや』です。

【Twitter本垢】
【TwitterWS用垢】
【全デッキレシピリスト】


WS関連のブログ・サイト様のリンクはフリーです。ご自由にどうぞ。文章の転載・引用は、そのページに当サイトのURLを貼るようにお願いします。不要なトラブルが起こることを回避するためです。
掲示板などの自身が運営しているサイト以外へのリンク・転載はご遠慮下さい。

WS関連のブログ・サイト様の相互リンク募集中です。コメント等で連絡を下さい。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2014年 09月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【5件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【5件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【19件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【21件】
2013年 04月 【22件】
2013年 03月 【25件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【23件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【26件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【11件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【28件】
2012年 06月 【38件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【41件】
2012年 03月 【35件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【18件】
2011年 12月 【18件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【21件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【48件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【19件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【12件】
2010年 08月 【6件】

リンク
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。