スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄赤AngelBeats! デッキレシピ

最近調整しているデッキの1つAngelBeats!のデッキレシピを紹介します。
エクストラが発売され、大きく構築が変化しました。

結構、構築に差が出るタイトルだと思っています。
参考にでもなれば幸いです。


では、デッキレシピは続きからです。


※デッキレシピのカード名が、wikiへのリンクとなっています。また、下線の付いているカード名もwikiへのリンクが貼られています。


Lv0*14
葛藤する音無*1
多生の絆 音無*2
戦略的な挑発 ゆり*3
ガルデモの大ファン ユイ*1
お色気担当? ユイ*4
解けた葛藤 ゆり*3


Lv1*19
マウントポジション ユイ*1
対立の終わり かなで*1
共同戦線 かなで&ゆり*2
運命に立ち向かう少女*3
オペレーター 遊佐*1
皆を見送る役目 かなで*3
オペレーション・トルネード*4
歌いたかった歌*4


Lv2*4
普通の女の子 かなで*2
百人力の手練 椎名*2


Lv3*5
理不尽な運命への抵抗 ゆり*2
別れの言葉 かなで*3


CX*8
いつかどこかで*4
死んだ世界戦線*4


トリガー11
黄26 赤24



最初に、比較的採用率の高い(注目された)『“神の使い”天使』と『過去を求める音無』の2種を不採用とした理由を説明しておきます。


“神の使い”天使
絆持ち1/1PW7500と優秀なスペックですが、デメリットが15~30%程で発動しアタック後控え室へ送られます。
このデメリットが思った以上にキツく、デメリット発動=負けレベルだと思っています。
集中や『オペレーション・トルネード』がないと複数枚展開することもできなくなります。
後列と合わせるとPW8000程になりますが、それでもカウンターと併用しないと倒されることが多いです。
絆に関しても、ストック絆であるためコストが厳しく、『常盤台のお嬢様 黒子』のような使いやすさは感じませんでした。
また、ABの強みの1つである『オペレーション・トルネード』と『歌いたかった歌』を4枚採用し辛くなる点も評価を下げました。

過去を求める音無
コチラは、必須という程のカードではありませんが一応。
自ターンは自身の効果でパンプできますが、返しのターンは完全にサンドバッグ状態になります。
とあるが規制されたとは言え、リバース時発動系の効果を持つカードは多く完全に鴨になってしまいます。
また、対応CXが+2000+1であるため打点差が開きやすく、CXシナジーを使って打点差が埋まるだけと言うことが多々見られました。

また、私が何度か出た大会でこの2種を両方又は片方を採用したAngelBeats!で強いデッキと当たらなかったのも理由の1つになります。

このような、理由で私は『“神の使い”天使』と『過去を求める音無』を不採用としました。




各レベル帯ごとの説明


マリガン
回収カードが豊富なので、レベル0以外全て捨てても問題有りません。
余裕があるなら、『共同戦線 かなで&ゆり』や『皆を見送る役目 かなで』をキープしましょう。


レベル0帯
特別優秀なアタッカーは居なく、採用枚数も少ないので最低限のアタックをします。
特に、先行1ターン目は相手のタイトルと手札次第ではアタックしなくても問題有りません。
ただし、エヴァのようなレベル0でアタックしやすいタイトルには注意しましょう。


レベル1帯
各種回収カードを使い手札を整えます。
優先順位は、『皆を見送る役目 かなで』>レベル1前列>『百人力の手練 椎名』>『理不尽な運命への抵抗 ゆり』です。
歌いたかった歌』は出し惜しみしても使うタイミングを逃すことになるので、使用して倒せるのなら使っていきます。
相打ちが居るタイトルの場合は、『オペレーター 遊佐』を展開しましょう。


レベル2帯
チェンジの『普通の女の子 かなで』を採用していますが、レベル1のアタッカーが残っているのならチェンジはしなくても問題有りません。
主に、レベル2で早出しの無いタイトル、高パワーのレベル2が居ないタイトルと戦う場合にチェンジします。
百人力の手練 椎名』は、リフレッシュペナルティを回避することができるので、山札にCXが無いor極端に少ない場合は助太刀として役だ立たなくても使って行きます。


レベル3帯
相手のクロックと圧縮率を考えて、『理不尽な運命への抵抗 ゆり』のバーン使用を考えます。
勝負をつけるのが難しいと判断した場合は、『別れの言葉 かなで』で回復します。
天使のCXシナジーは基本的に狙いません。
トリガー数が少ないので打点の底上げと、相手の早出しへの牽制・対策として採用しています。



改良点
レベル0と1帯のカードの選択(比率)、レベル2アタッカーの採用、CXの選択が挙げられます。


レベル0と1帯のカードの選択(比率)
特にレベル1帯は、優秀なカードが多く回収に頼りピン刺しが多くなっています。
そのため、改良と言うよりは調整レベルですがもう少し見なおせそうです。
個人的に、1/0でアタッカーに慣れる『マウントポジション ユイ』を増やしたいです。


レベル2アタッカーの採用
現状、チェンジ天使だけですが『“ゴッドファーザー”ゆり』や『神を許せないゆり』が候補となります。
ただ、どちらも『過去を求める音無』と同じ問題点を抱えています。
神を許せないゆり』は、対応CXが+2であるため状況によっては腐りやすいのと、『オペレーション・トルネード』で山札を削るABと、相性が悪い感じがします。


CXの選択
現状、扉と風を積んでいますが、ハンドを増やすために金塊と本が候補に上がります。
色の関係で打ちにくくなりますが、『多生の絆 音無』と『共同戦線 かなで&ゆり』の2種で入れ替えを行えば何とかなりそうです。
幸い、緑も青もレベル0には優秀なカードがあるので。



今日のカードが公開されていた時は、トップメタクラスだと思っていましたが、そこまでは強くなりませんでした。
ただ、『オペレーション・トルネード』と『百人力の手練 椎名』は使っていて楽しいカードだと思います。

弱くは無いタイトルなので、今回のWGPでも何度か入賞すると嬉しいです。


質問・感想・誤字脱字勘違いの指摘等は、コメント・Twitter双方で受け付けています。
お気軽にどうぞ。


終わり。
検索用 赤黄AB、黄赤AB、天使ちゃん、ゆりっぺ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

能美あや

Author:能美あや
ヴァイスシュヴァルツのブログ。
ネオスタンダードプレイヤー。

最近回しているデッキ
・ダ・カーポ(姫乃)
・ペルソナ(主人公)
・ゼロ魔(貴族選抜)
・リトバス(おめかし小毬)


大会は、新宿、池袋に出場しています。
大会でのHNも『能美あや』です。

【Twitter本垢】
【TwitterWS用垢】
【全デッキレシピリスト】


WS関連のブログ・サイト様のリンクはフリーです。ご自由にどうぞ。文章の転載・引用は、そのページに当サイトのURLを貼るようにお願いします。不要なトラブルが起こることを回避するためです。
掲示板などの自身が運営しているサイト以外へのリンク・転載はご遠慮下さい。

WS関連のブログ・サイト様の相互リンク募集中です。コメント等で連絡を下さい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2014年 09月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【5件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【5件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【19件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【21件】
2013年 04月 【22件】
2013年 03月 【25件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【23件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【26件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【11件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【28件】
2012年 06月 【38件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【41件】
2012年 03月 【35件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【18件】
2011年 12月 【18件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【21件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【48件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【19件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【12件】
2010年 08月 【6件】

リンク
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。