スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤緑ディスガイア ラハールビート

 
 先日公開した、『ディスガイア ラハールビート 仮組みデッキレシピ』は、机上論と言うことで酷いミスが多々有りました。


 今日、公開するのは対戦相手は偏っていましたが、それなりに調整をしたデッキとなっているので、単純なミスは無くなっていると思います。

 それでも、まだまだ調整が必要だと思いますが。


 では、レシピは続きからです。



コンセプト:赤緑ラハールビート



 ※下線の付いているカード名はwikiへのリンクが貼られています。




Lv0*14
天使見習いフロン*2
プリニーの教育係ヴァルバトーゼ*4
“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ*3
セクシー悪魔志望ハナコ*2
ラハール&フロン*3


Lv1*15
ラハール&マオ*4
魔王ラハール大統領閣下*3
元・天使フロン*2
姉御肌のプリニー*4
飛天無双斬*2


Lv2*8
“ビューティー男爵”中ボス*2
最凶の魔王ラハール*4
誇り高き悪魔ヴァルバトーゼ*2


Lv3*5
超魔王ラハール*4
神への反逆者ヴァルバトーゼ*1


CX*8
通りすがりの魔王*4
『絆』のチカラ*4


トリガー17
黄2 緑11 赤37




 基本的な、部分は前回公開したものと殆ど同じです。全体的に軽めに解説を。(ご覧になってない方は、前回の記事も合わせて御覧ください。→ディスガイア ラハールビート 仮組みデッキレシピ



 レベル0帯、集中は純粋なアドやパワーパンプは諦め、特徴とノンレスト集中と言う理由で、『セクシー悪魔志望ハナコ』を採用しました。一応、終盤のソウルパンプを行えますが、ソウル2の『最凶の魔王ラハール』がハンドアンコールを持っているので、使う機会は少なめです。



 レベル1帯、後列が揃えばハイパワーになる『魔王ラハール大統領閣下』を2から3積みに変更。それくらいです。




 レベル2帯、確実に2枚はCXシナジーを発動させたいので『最凶の魔王ラハール』の枚数を4枚に変更。こちらも、それくらい。


 
 レベル3帯、そのまま。




 エヴァを中心に調整する限りはいい感じですが、まだまだ調整できそうな部分があります。




 調整点、レベル0の枚数・選択、集中の選択、『神への反逆者ヴァルバトーゼ』の採用辺りです。



 レベル0の選択、若干枚数が少ないので、控え室利用のメタになる『“ピンポンダッシュ”アクターレ』と、『天使見習いフロン』の枚数増加が候補となります。

 増やす場合は、レベル1以降からカードを抜くことになると思います。




 集中の選択、終盤CXシナジーを発動しても倒せないキャラがいることのある『最凶の魔王ラハール』のパワーを上げるために、パワーパンプ集中が候補となります。

 レベル0緑の『平凡な僧侶』と、レベル1赤の『悪の美学 ヴァルバトーゼ』の2種が候補となります。


 『平凡な僧侶』は、『超魔王ラハール』で回収できませんが、緑の色調整とレベル0の枚数増加を行えます。

 『悪の美学 ヴァルバトーゼ』は、『超魔王ラハール』で回収できますが、レベルは1で緑の色調整を行うことができません。


 事故を恐れないなら『悪の美学 ヴァルバトーゼ』ですが、安定性を求めるなら『平凡な僧侶』でしょうか。




 神への反逆者ヴァルバトーゼ』の採用、エヴァ相手に調整している限りでは、CXシナジーを一度も使ったことがありません。元々、ピン刺しってこともありますが。

 また、相手となっているエヴァに『シンジを守ると誓う綾波』が採用されていますが、主に『一つ屋根の下 美琴&黒子』と『“ユーロ空軍のエース”アスカ』対策なので、ディスガイア相手ではプレイすることがありません。


 そのため、もう少し他のデッキとも調整した上で、『神への反逆者ヴァルバトーゼ』の採用の有無を決めたいと思っています。


 
 以前の仮組みよりは、大分まともになったと思います。

 良かったら、皆さんのご意見や感想を聞かせてください。




終わり。
検索用、ディスガ デッキレシピ、ラハールビートダウン、ラハールデッキ、悪魔ビート、DG、DG、ディスガイア4、ディスガイアエクストラ、ディスガイアEX
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も今あやさんと同じような構築です
>集中の選択 
私もハナコ派です
ただ悪の美学ヴァルバトーぜの効果を使いたいのは最凶の魔王がパワーを越えにくくなるレベル3か
ラハマオをカウンター圏外(こっちはプレイングでどうにでもなりますが)に持って行きたい時なので超魔王で高確率でレベル3で回収できることも考えると1枚差してもいいかなと思います

>『神への反逆者ヴァルバトーゼ』の採用
私も今悩みどころです
私もひさびさにディスガイア回し始めましたがたしか旧扉シナジーがプリニーサーチだった気がしたんですよね
レベル1の回りやすさやボードの強さ(レベル1以降もですが)が姉御肌の引きに依存しやすくなってしまっているので今私もレベル3ヴァルバトーゼ使ってますがそっちに変えてもいいかなとも考えています

あと私が悩んでいるのは飛天の採用枚数です
使えれば超強いんですが使えなかったときはアンコールにも使えないしほんとにクロックに置くくらいしか使い道がなくなってしまうんですよね
ただ一度1-5クロック2ドローから飛天使った後バーンやると毎回これやりたいなと思ってしまうんですよねwww

コメント返信

>通りすがりの魔王さん
コメントありがとうございます。

>悪の美学 ヴァルバトーゼ
私も採用は考えていましたが、レベル0の枚数調整を考えて抜けていきました。ただ、若干多めに積んでいるカード(1/1PW7000、最凶ラハール)があるので、その辺を調整していけば1枚は入る可能性があります。


>『神への反逆者ヴァルバトーゼ』の採用
私も、こちらを不採用にするなら少ない枚数ですが『魔王の家来エトナ』を採用すると思います。控え室回収は充実していますが、レベル1の段階だとまだ落ちていないことが多々あるので。


>飛天無双斬
これは、打てるなら3枚積みたいんですが、やはりレベル3で引いてしまうとアンコールには使えないし、クロックも『超魔王ラハール』でハンド増えるからする必要がなく、本当に無駄になってしまいます。
環境的に、多くのデッキに刺さりそうならワンチャン3枚かなぁ。難しいところです。


では、失礼します。
プロフィール

能美あや

Author:能美あや
ヴァイスシュヴァルツのブログ。
ネオスタンダードプレイヤー。

最近回しているデッキ
・ダ・カーポ(姫乃)
・ペルソナ(主人公)
・ゼロ魔(貴族選抜)
・リトバス(おめかし小毬)


大会は、新宿、池袋に出場しています。
大会でのHNも『能美あや』です。

【Twitter本垢】
【TwitterWS用垢】
【全デッキレシピリスト】


WS関連のブログ・サイト様のリンクはフリーです。ご自由にどうぞ。文章の転載・引用は、そのページに当サイトのURLを貼るようにお願いします。不要なトラブルが起こることを回避するためです。
掲示板などの自身が運営しているサイト以外へのリンク・転載はご遠慮下さい。

WS関連のブログ・サイト様の相互リンク募集中です。コメント等で連絡を下さい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2014年 09月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【5件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【5件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【19件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【21件】
2013年 04月 【22件】
2013年 03月 【25件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【23件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【26件】
2012年 10月 【30件】
2012年 09月 【11件】
2012年 08月 【32件】
2012年 07月 【28件】
2012年 06月 【38件】
2012年 05月 【32件】
2012年 04月 【41件】
2012年 03月 【35件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【18件】
2011年 12月 【18件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【21件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【48件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【19件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【12件】
2010年 08月 【6件】

リンク
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。